« フレンチに飽きたら・・・③-日本の焼肉- | トップページ | Carotte rapees(キャロット・ラペ) »

2006年6月26日 (月)

フレンチに飽きたら・・・④-モロッコ料理-

 先週までの暑さがウソのように肌寒いパTajineリ。今日は一日中、雨だった。

 こんな天気が続くと、モロッコ料理だってOKだ。

 煮込み料理のタジン、熱々のスープをかけていただくクスクスなど、暑い日にはあまり食べる気がしないからだ。

 
Naisou 今がチャンス! いそいそと、家の近所のEssaouiraへ。
 道ですれ違うことも多く、店のおじさんとはすっかり顔なじみに。フレンドリーな人たちだ。

 オレンジ色の壁にはモロッコの絵皿が飾ってあり、エキゾチックな内装。
 クッションいっぱいのベンチシートにゆったりと座っていると、オツマミの辛いソラマメ、ニンジン、オリーブを持ってきてくれる。

                                                                        

Apero

 今日は鶏肉のタジンを(冒頭の写真)円錐型のフタ付きの土鍋に入ってくる。mijoter(とろとろ煮込む)された鶏肉は骨からほろりとはずれるやわらかさ。野菜も同様。
 プルーンとアーモンドがたくさん入った甘いタジンもおすすめだ。

 クスクスを頼むと、ブイヨンとクスクスをお替わりできる。クスクスにはヒヨコマメ、レーズン、そして辛いペースト”Harissa(アリサ)”をお好みで添えて。鍋料理を思わせるブイヨンの旨みが嬉しくて、ついつい食べ過ぎてしまう。後でお腹の中で膨れ、苦しくなるので、食べすぎにはくれぐれも注意だが。
 
 クスクスだと、棒状の肉団子”ケフタ”や、数種の肉のグリルを添えたものを選ぶことが多い。

Dessert  タジンを注文しても「味見だよ」とクスクスを小皿についでくれるので、だれか一人だけクスクスを頼めばいいのかも?

 デザートは、ハチミツたっぷりのモロッコ菓子の盛り合わせと、お砂糖たっぷりの熱々ミント・ティーを。
 歯が痛くなりそうなほどの甘さだが、あとひとつ、もうひとつ、と手が伸びてしまう・・・。

                                                                        

Couscous

 ○Essaouira
  135,rue du Ranelagh
    75016 Paris
    TEL:01 45 27 99 93
    FAX:01 45 27 56 36
    metro:Ranelagh
    休:日夜・月

 ※写真右は、昨夏、コルドンの友人たち(私より先に卒業)が我が家で作ってくれたアニョーのクスクス。出張料理人を雇った気分。美味しかった!  

 結局私のクラスでは、クスクスは登場せず。残念・・・。

|

« フレンチに飽きたら・・・③-日本の焼肉- | トップページ | Carotte rapees(キャロット・ラペ) »

コルドン・ブルー」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

コメント

今月レッスンはエスニックメニューで、丁度良いタイミングで嬉しいです!前回は胃袋が足りず?モロッコ料理行けませんでしたがご近所に良い店あるんですね。‘食べ・パリ’友人や生徒さんにも愛読者が沢山いて大好評です。

投稿: kanzaki | 2006年6月26日 (月) 20時47分

kanzakiさん、こんにちは。

今月はエスニックですか。
kanzakiさんの守備範囲の広さ、いつも感心させられます。

今度お越しの際は、ぜひモロッコ料理、ご一緒しましょう。

生徒さんにも拙ブログ、お読みいただいているのですね。お料理上手の方々に読んでいただき、光栄です。うれしいです。
’食べ・パリ’って呼ばれているのですかー!

投稿: farafel | 2006年6月27日 (火) 05時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/10681497

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチに飽きたら・・・④-モロッコ料理-:

« フレンチに飽きたら・・・③-日本の焼肉- | トップページ | Carotte rapees(キャロット・ラペ) »