« 横型のミルフィーユ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・③-日本の焼肉- »

2006年6月24日 (土)

Biscuits Rosesの粉末。

Fossier FOSSIERBiscuits Rosesといえば、シャンパーニュで有名なReims(ランス)の名産品。

 細長い棒状。ロゼのシャンパーニュを思わせる、上品なピンク色。表面にはうっすらと粉砂糖がまぶされている。
 シャンパーニュに浸して食べても崩れないよう、カリッと二度焼き(bis-cuit)されるこのお菓子のルセットは、1756年から引き継がれる由緒あるものだ。

 パリでも普通に売られている。そのまま食べるだけでなく、ビスキュイを使ったお菓子もたくさんある。

 以前、パスカル・アルマーニ先生のお料理教室(過去記事http://farafel.cocolog-nifty.com/escargot/2006/01/post_d106.html)で教わったのはGateau aux noisettes

 ビスキュイをフード・プロセッサーで砕いて粉末にし、粗めに砕いたノワゼットと共に焼いたものだ。

 出来上がりは、素朴ながら、うっすらとピンク色が上品で。簡単なのに、とてもおいしく、感激した。(写真下)

 その時、先生が教えてくださった粉末状になったもの、Poudre Biscuits Rosesをグラン・エピスリーで見つけた。Senseiokashi
 
 Sables aux Biscuits Roses(ビスキュイ・ローズのサブレ)という、色合いがとても可愛らしいルセット付き。

 これだと砕くのが面倒な人も大丈夫。

 FOSSIERのサイトを見ると、ビスキュイ・ローズを使ったお菓子コンクールが開催されているらしい。今年はHarrold Horrentさんによる、Duo de framboise et de nougat en mousse et ses Biscuits Roses de Reims légèrement champagnisésが見事一位に。ここでもちゃんと、粉末のビスキュイが使われている。

 腕に覚えのある方は、来年応募してみてはいかがでしょう?
 

 ○Biscuits FOSSIER
  25 cours Jean-Baptiste Langlet - 51100 REIMS
  Tél. : 03 26 47 59 84
  http://www.fossier.fr/

|

« 横型のミルフィーユ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・③-日本の焼肉- »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
Poudre Biscuits Rosesって売っているんですね。
ピンクの色がすてき。
イマジネーションが沸きますね。

投稿: Madame K | 2006年6月24日 (土) 23時10分

Madame Kさん、こんにちは。

イマジネーション、わきました?

お菓子づくりは苦手なので、私はさっぱり。

一度完成したお菓子を崩して、再度構築する発想自体が私にはありません・・・。

投稿: farafel | 2006年6月25日 (日) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/10655853

この記事へのトラックバック一覧です: Biscuits Rosesの粉末。:

« 横型のミルフィーユ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・③-日本の焼肉- »