« 新ニンニクのジャムは、いかが? | トップページ | マニア垂涎?のDVD »

2006年5月10日 (水)

おふらんす式、ラッピングの妙技

 不器用なのでエラそうなことは言えないが、外国で、日本人の器用さ、丁寧さをありがたく感じることは少なくない。

 例えば、ラッピング。すごいスピードで、ヨレることなく、きっちりと包装してくれるのは、ご存知の通り。ほとんど”職人技”の域。店員さん教育の賜物なのだろう。

 フランスでは、こうはいかない。

Sac_1  「贈り物です」と言わないかぎり、品物を袋にポンと入れてくれるだけだし、包装紙を別にくれるだけの店もある。頼んでもイマイチの出来だったり。

 クリスマスなどのプレゼントのシーズンは、たぶん、店のラッピングの精鋭が集められているのだろう、ラッピング・コーナーが別に設けられ、長蛇の列になっている。

 
 唯一、感心するのが、パティスリーのラッピング

 2,3個ケーキを買うとする。日本だと小さい箱、もしくは隙間を埋める筒状のものを入れてくれる(と思う)。

 フランスでは、こんな見事なピラミッド型(写真上)に包んでくれる。

 詳しくは、すばらしいガイド・ブック『パリのルール』(メディア・ファクトリー)に譲るが、解説すると、まず、縁が折れるようになった台紙(パン屋さんではよく使う)にケーキをのせる。包装紙の上にその台紙を載せ、両端をつまみながら、左右を織り込んでいく。紐を通し、てっぺんをくくり、取っ手をつけて、完成。

 簡易包装なので、環境にも優しい(たぶん)。フランス流のラッピングの妙技がここにある。

 Jeanmillet今日は人気パティスリー、Jean Milletの作品(?)。クラフティ、タルト・シトロンなどを買った。

 感じの良いエレガントなマダムが、この一連の作業をあっという間にやってしまった。

 出来上がりもエレガント。

 ”寿司折り”みたいにブラブラしては、いけません。
 

 ○Jean Millet
  103 Rue Saint-Dominique
  75007 Paris
  TEL:01 45 51 49 80
 

|

« 新ニンニクのジャムは、いかが? | トップページ | マニア垂涎?のDVD »

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

毎回楽しくみてます・あのラッピング構造、なるほど~です。リンクしてますが皆にも大好評!なんと此処のサイトから来て下さる方もいますよ。

投稿: kanzaki | 2006年5月10日 (水) 09時00分

毎回、写真みながらうっとりして楽しませてもらってます。
私はお菓子のパッケージのデザインやショッププランニングもしているので、今回は仕事の参考にもなっちゃった!
シンプルで機能的でいいですね。日本はちょっと過剰すぎるもの…


投稿: hitopom | 2006年5月10日 (水) 18時58分

kanzakiさん、こんにちは。

kanzakiさんがご存知なかったとは、意外です。

リンク&ご紹介いただきありがとうございます。

私もこのリンクからよく遊びに行くので、ワタシかもしれませんね。

最近はますますご活躍のご様子。なんだか私まで嬉しいです。

投稿: farafel | 2006年5月12日 (金) 07時12分

hitopomさん、こんにちは。

パッケージデザイン! ショッププランニング!
あいかわらずかっこいいお仕事なさっていますね。

日本は情報量もすごいので、フランスで参考にできるものは少ないかもしれません。

とはいえ、おもしろいネタがありましたら、またご紹介いたします。
引き続き、お付き合いくださいませ。

投稿: farafel | 2006年5月12日 (金) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/9999582

この記事へのトラックバック一覧です: おふらんす式、ラッピングの妙技:

« 新ニンニクのジャムは、いかが? | トップページ | マニア垂涎?のDVD »