« ロゼ・ワイン、始めました。 | トップページ | はてな?の組み合わせ »

2006年5月24日 (水)

ひょっとして、ワンカさん? -Les Magnolias-後編

Tarte_tatin 

 「次は何だ?」

 身構える私達のテーブルに運ばれてきたのは、フォアグラのポワレとサヤインゲンを使った料理だった。「今度は普通だね」とほっとした瞬間、テーブルに大きなガラスのマグカップが置かれた。カップの持ち手に、40センチくらいの長さのストローが絡められた。 Petit_pois

 カップに入っているのはグリーンピースのスープ。ストローの中にはフォアグラが詰められ、口の中に入ると、グリーンピースと溶け出たフォアグラが一体になる仕組み。
 きちんとしたレストランで、シックな装いの大人たちが、長いストローを使っている様はなんともシュールだ。

Fois_gras

 フォアグラのポワレの下にはセロリラブ、サヤインゲンの下にはセロリラブ、サヤインゲンと、cumbawa(かんきつ類の一種)風味のマシュマロが串刺しになっている。甘さ控えめ、ほろ苦い柑橘風味のマシュマロに驚き、感激する。

 
 この頃になると、私達のテーブルは注目の的。ムニュ・デギュスタシオンを注文する人は、この夜、あまりいなかったらしい。

Capucino 再び、周囲の熱い視線を感じて振り返ると、背後にテーブルが置かれ、なにやら始まった。

 シャンピニオンのスープ、カプチーノ仕立てだ。小さな丸いガラスのコップにサイフォン(!)の管からスープが注がれる。コーヒーみたいだ。添えられたマドラーをどうやって使うか全員わからず、杯のようにぐーっと飲み干してしまった。Pintade

 パンタードにメロンのスライスと、スイカのソースを添えて。パリパリの海老せんがサーブされる。皿の横に、チョコチョコと小皿が並べられる。その①スイカのスティッPintade_garni クの上にパンタード、ゴマを乗せたもの。スイカ+肉系は初体験。その②泡状にしたオレンジを混ぜたミントティー。爽やかな味わいで、満腹の苦しさが少し和らぐ。その③マスタード風味のマカロンも初めて食べたが、悪くない。

 なんとも忙しい食事だ。食べるのに忙しく、酒豪揃いだったのに、白一本も開けられなかった。こんなことは初めてだ。でも選んでいただいたコート・デュ・ローヌのRosineはとてもおいしかった。

Fromage_1 デザートの部、開始。Pousse_1

   チーズ。ブリーとスイカとリュバーブが上品にマッチ。

 ペッシュ(桃)のソルベ。プスプスという容器に入って、押して食べる。どんどん溶けていくやわらかさがいい。

Banana

 バナナのづくしの皿は、チョコ・バナナを彷彿させる。フランスでもお約束の取り合わせなのだ。

De

 キャラメル・ブール・サレのムースをホワイトチョコでサイコロ型にした、その名も”キャトル・バンテアン”。

 パズルのピース型のデザートは、シトロネル入りのチョコ・ムース。

 これだけでもすごいのに、極めつけは、瓶に入った謎の液体(冒頭のPuzzle写真)

 振って飲むと、言われた通り、”タルト・タタン”に!

 他にもクレーム・アングレーズと花びらを入れたパスティス、綿菓子、シュセット、ミニャルディーズなどなど。

 友人へのサービスもあり、豪華な”デザート祭り”みたいになったテーブルを眺めていると、思い至った。

 『チョコレート工場の秘密』みたいだと。

 チョコレートの川、フルコースの味がするチューインガム、舐めても減らないキャンディー・・・。ワンカさんの発明するユーモラスで不思議、そしてどこかシュールなお菓子の世界を彷彿させるのだ。

 子どもの頃、読んだときは、ただの夢物語だったが、まさか大人になって擬似体験できるとは!

  究極のエンターテインメントをお約束。

 ※写真はクリックすると、大きくなります。

  

 ○Les Magnolias
  48,avenue de Bry
    94 Le Perreux-sur-Marne
    TEL:01 48 72 47 43
    FAX:01 48 72 22 28
    休:日曜日、土・月曜の昼
  http://www.lesmagnolias.com
  ※終電を逃し、タクシーでパリへ。約20分、40ユーロ程度で戻れました。

|

« ロゼ・ワイン、始めました。 | トップページ | はてな?の組み合わせ »

レストラン情報」カテゴリの記事

コメント

ふらりと寄ってみました。ブログ開設したので参考に人のブログを見て回っています。写真がいいですね!ほんとに美味しそうです。私のブログはお酒とラーメンの話ばかりですけど、よかったら遊びに来てください!

投稿: くに | 2006年5月24日 (水) 08時06分

この不思議ワールドを見事に〆ましたね!まさにこの一言につきる!さすが素晴らしいです。

投稿: haruka | 2006年5月24日 (水) 18時20分

デザートの最後まで創造性豊かなお皿ばっかりですね~HP見ましたが、HPも現代風に作られていますね。あ~しかしこんなレストランに行ってみたいわ~

投稿: 流離う大阪人 | 2006年5月25日 (木) 12時14分

くにさん、こんにちは。
はじめまして。

ブログを見ていただき、光栄です。
実物は、どれも、もっとおいしいですよ。

ラーメン、お酒のお話のブログ。パリで読むとストレスがたまりそうです・・・。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: farafel | 2006年5月26日 (金) 02時07分

harukaさん、こんにちは。

本当に素晴らしかったですね。

日本からわざわざ食べに来てもいいかも、と思わせるエンターテインメント・レストランですね。

こんなすごいところでスタージュできたなんて・・・。うらやましすぎる!

投稿: farafel | 2006年5月26日 (金) 02時09分

流離う大阪人さん、こんにちは。

そうなんです。
絢爛豪華な三ツ星レストランとは、ちょっと違うのですが、楽しいですよ! もう一度、行きたくてしょうがありません。

ぜひぜひお試しください。

投稿: farafel | 2006年5月26日 (金) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/10215584

この記事へのトラックバック一覧です: ひょっとして、ワンカさん? -Les Magnolias-後編:

« ロゼ・ワイン、始めました。 | トップページ | はてな?の組み合わせ »