« もはや”伝説”のオマール -Les Maisons de Bricourt-前編 | トップページ | Collection de Paques »

2006年4月15日 (土)

道具馬鹿一代  ②Spargel schaler(アスパラガス・ピーラー)

 ホワイト・アスパラガスの季節。

 グリーン・アスパラガスと違い、穂先以外は皮をむく。筋っぽいので、みずみずしい感じの表面が出てくるまでむくのが目安だ。

 この作業、フランスの皮むき器”エコノム”だと、やりにくい。片手で支えながらむくには細すぎ、途中で折れてしまうこともあるからだ。
 
 ゴボウの要領で、日本製のピーラーを使うのが最適だが、昨年、Peelerドイツ・ベルリンでこんなものを見つけた。

 Spargel Schaler(アスパラガス・ピーラー)

 穂先を持ち、トングのようにピーラーで挟みながら皮をむく。なんとなくやりにくい。アスパラを真っ直ぐに立て、シャッシャッと下に下ろすと、スピードアップした。

 根元を切る刃がついているものも買ってみたが、これはポキンと手で折るほうが速いし、確実かも。

 安全だが、やはり、日本のピーラーでやったほうが速くむけそう・・・。でも、雰囲気(?)が出るのはこちらだ。まとめ買いし、道具好きの友人に配ると、かなり嬉しそうだった。

 ドイツでもホワイト・アスパラガスをたくさん食べるらしい。アスパラ専用の鍋が売られていた。「買っちゃおうかなー」とかなり揺れたが、家の鍋で十分、と諦めた。

 鍋といい、アスパラの皮をむくだけの器具といい・・・。さすが”道具王国”ドイツ、と変に感心してしまう。「これだけの道具があれば、すごい料理が作れるはずなんですが・・・」とドイツ人の友人は苦笑い。

 ヘンケルフィスラーWMF・・・。有名ブランドの調理器具のラインナップもかなりの充実度。お道具好きには、ドイツは買い物天国なのだ。

|

« もはや”伝説”のオマール -Les Maisons de Bricourt-前編 | トップページ | Collection de Paques »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

道具馬鹿」カテゴリの記事

コメント

farafelさまへ

海外に行くと、必ず調理器具のお店などに行きます。
何に使うかわからないものをはじめ、
なるほど~、と思うものまで、興味津々なものばかり。

しかし、
帰ってから使ってみると、これが以外に使いにくくて。
ほとんど台所の引き出しの場所ふさぎと化します。

最近手に入れた優れもの、
ベトナム製の皮むき器。
これって、すごく手づくりって感じびんびんの皮むき器なのですが、
すごく使いやすい。
旅先の雑貨店(国内)で、あまりにも無骨すぎて愛らしく、
なんとなく買ったのですが、
もう少し買っておけばよかったと、思っています。

投稿: nana (kinotable) | 2006年4月16日 (日) 10時18分

おひさしぶりです。
私のブログにコメントくださってありがとうございました。
事情があって急に中止しましたが、一段落してきたら、なんだか寂しくなってきました。

私も、このトング式アスパラピーラーと、丈の長いアスパラ専用鍋を買いました。
どちらも意外と使いにくく、結局はお蔵入り。
いつも使っている日本製のピーラーと鍋で十分でした。
キッチングッズを見るとすぐ買いたくなっちゃって・・・。

投稿: Madame K | 2006年4月16日 (日) 15時17分

そうそう。
道具だけは立派なんですよねぇ、ドイツは。
お料理は・・・・ですが・・・

投稿: leira-london | 2006年4月16日 (日) 20時36分

お久しぶりです、はなもげらです。
また、キッカイなお道具を見つけられましたな。
これって、すなわち
「アスパラの皮むきにしか使えない道具」
ということですな。
こういう道具多いですなー。
あらゆる調理行動に道具がある、
という感じですなー。
まさにお箸文化とナイフ・フォーク文化
の違いですなー。
木の棒2本で刺す・切る・はさむを
やってのけてしまうお箸の国と、
テーブルに
あらゆるナイフ・フォーク・スプーンを
並べてしまうこちらの国と。
どちらがいいというわけではありませんが、
この違い、実は精神構造の末端にまで
いきわたっているように
思えてならない今日この頃でござるよ。

投稿: はなもげら | 2006年4月17日 (月) 17時27分

nanaさん、こんにちは。

ベトナムの皮むき器、どんな形なのですか?
興味あります。
ぜひ今度ブログで紹介してください。
ブレイクしたりして・・・。

投稿: farafel | 2006年4月18日 (火) 04時20分

Madame K さん、こんにちは。

そうなんですよね、つい、買ってしまうものの、あまり出番がなかったりして。
道具だけでなく、スパイスの類もそうなんですよね。
我慢しているつもりですが、ついつい、増えて・・・。日本に帰国するのが怖い、今日このごろです。

投稿: farafel | 2006年4月18日 (火) 04時23分

leira-londonさん、こんにちは。

キッチンを汚すくらいなら、缶詰を温めて食べたほうがまし・・・というようなドイツ人主婦の談話を読んだことがあります。
あのすばらしいシステムキッチン。使わないのなら、私にゆずってほしい。

投稿: farafel | 2006年4月18日 (火) 04時24分

はなもげらさん、こんにちは。

わはははは!
さすがの分析力ですね。
フォークとナイフときますか。そういえば、そうですね。

ま、このアスパラ・ピーラーだって、ニンジンだって、キュウリだって、ゴボウにだって使えるわけです。
要は、使い手の工夫次第って、これも日本人だから?

投稿: farafel | 2006年4月18日 (火) 04時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/9606004

この記事へのトラックバック一覧です: 道具馬鹿一代  ②Spargel schaler(アスパラガス・ピーラー):

« もはや”伝説”のオマール -Les Maisons de Bricourt-前編 | トップページ | Collection de Paques »