« おいしいバスク -完結編- | トップページ | パリジャンもラーメンがお好き。 »

2006年3月16日 (木)

気になる2人のサブレ -Michel&Augustin-

 パリの”なんちゃってコンビニ”、Daily Monop(デイリー・モノップ)には新商品が並ぶので時々チェックする。

 最近見つけたのは、"Petits sables ronds et bons(丸くておいしいプチ・サブレ)"料理雑誌「Regal」9号でも取り上げられていた話題の商品。レジ前にズラリと並べてあった。

cockie  5㎝の立方体、チマチマしたパッケージデザイン。かわいさに思わず手にとってしまった(思うつぼですね)。

 作っているのは脱サラの2人組、MichelとAugustin

 この2人は、180店のパン屋を取材したガイド本、パン好きのバイブル、”Le Guide des Boulangeries de Paris”の著者。

 元々、それぞれ、マーケティングとコンサルタントの仕事をしていた2人。パン好きが高じて、パン工場で働き、オーギュスタンにいたってはCAP-BAPという資格まで取ってしまったというちょっと変わった経歴の持ち主。

 食にかける彼らのパッションには強い親近感をおぼえるが、「おいしいサブレがない!」と今度はサブレの研究を始め、商品化してしまったという・・・。そこまでするか・・・。

  商品化にいたるまでの試行錯誤のおもしろおかしい様子は、彼らのサイト(http://www.micheletaugustin.com)で読むことができる。情熱はあるが、ガツガツしたところがなく、本当に楽しんで作っている様子が伝わってくる。”遊び”のある仕事っぷりがうらやましい。

 内容物の表記からして、「小麦粉大さじ一杯、卵1滴、塩一つまみ、(後略)・・・。これで全部!」と実に詳細かつ、具体的、しかも手作り感あふれる感じ。

 彼らがこだわったサックリした仕上がりのサブレ。「作り方は秘密だよ」「この箱はリサイクル用のゴミ箱に捨ててね」などと、箱の内側のスペースまで、小さい字でいろいろと書かれた箱を眺めながら、ポリポリ、サクサクと食べてしまった。

 確かにおいしい。1箱1.5ユーロと、価格はやや高め(?)の設定。

 味は「少し塩味のバター風味」「チョコチップ入り」「ケシとバニラ風味」など5種類。

|

« おいしいバスク -完結編- | トップページ | パリジャンもラーメンがお好き。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

ああ、こういうクッキーいいですね。

今日、スーパー(東京)で「バターの味がたっぷりしそうなサブレかビスケット」というコンセプトで商品を探していたら、見つからない、、、

結局、「ココナッツサブレ」(158円)を購入して帰りましたが、フランスのLUのシリーズとかが懐かしい私でした。

投稿: あっこ | 2006年3月16日 (木) 20時07分

あっこさん、こんにちは。

そっか、帰国してしまうと、LUシリーズが恋しくなるのか。
フツーの駄菓子なのですがねー。
私はココナッツサブレがいいな。

投稿: farafel | 2006年3月17日 (金) 05時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/9112838

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる2人のサブレ -Michel&Augustin-:

« おいしいバスク -完結編- | トップページ | パリジャンもラーメンがお好き。 »