« NYの「おいしい」。 | トップページ | Truc de Chef  -シェフのこつ- »

2006年2月10日 (金)

ロワイヤールな、ちらし寿司。

  パリに来られた方、お住まいの方はよくご存知だろう。

 道を歩けば、日本食レストラン

 パリにある外国料理のレストランで一番多いのが、日本食だと聞いたことがある。でもその80~90%が日本人以外によるものだとも。そして、その多くが「スシ」「サシミ」「ヤキトリ」「テンプラ」などのステレオタイプな日本食なのだ。
 
 「おきなわ”りょり”」「ニポトリ」「スモウ・スシ」「トウキョウ・ヤキ」 など、日本人がみると「?」または、ビミョーなネーミングも、すっかり見慣れてしまった。chirashi

 レストランだけではない。おいしいかどうかはさておき、折り詰めのスシ(サーモンが多い)はスーパーでも売られているし、家で作るのだろう、巨大なワサビチューブ(醤油に溶くので普通のでは足りない)や寿司酢を買うフランス人も珍しくない。

 生魚に拒否反応を示していた十数年前と比べ、日本食はぐっと身近になったと言う。食のボーダーレス化、健康志向などがその背景にあるのだろう。が、日本人にはちょっとキビシイ店が多い。

 やはり、在仏邦人は日本人経営の和食の店に行きたい。故郷の味で、ホッと癒されたくて、わざわざ和食の店に行くのだから。

 私のおすすめは、Sushi Gourmet(スシ・グルメ)

 近くには「Go! Sushi」「Planet Sushi 」という怪しげな?名前の宅配寿司の店があり、そのネーミングから最初は「ここも怪しい」と思いこんでいた。謎のスシ・トライアングル。でも、「ちらし寿司がおいしい!」という評判をあちこちで聞き、行ってみると、そこは日本だった。

 店はあまり広くないが、昼も夜も、近所に住む日本人や、通なフランス人がひしめきあって寿司をつまんでいる。持ち帰りを注文した人もひっきりなしにやってくる。

 おすすめは「ちらし・ロワイヤル」。魚の種類の多さとボリュームに驚きます。

 持ち帰りなら「手巻き寿司セット」「刺身・ロワイヤル」。事前に大皿を持っていくと、きれいに盛ってもらえるのも日本みたいで嬉しい。

 どれもかなりのボリュームで、かなり満腹。値段もリーズナブル。で、満足度も当然、高く。

 ”ロワイヤール”な気分になります。

 ○SUSHI GOURMET
    1,rue de l'Assomption
    75016 Paris
    TEL:01 45 27 09 02
  休:日、月、祝日
    metro:Ranelagh/Jasmin

|

« NYの「おいしい」。 | トップページ | Truc de Chef  -シェフのこつ- »

レストラン情報」カテゴリの記事

日本食」カテゴリの記事

コメント

farafelさまへ

「ちらし・ロワイヤル」いいですね。
上に乗っているお刺身も鮮度がよさそうだし、
右後方は穴子なのかしら?

今度家で作ってみます。
ごはんに寿司酢を混ぜて、しいたけの甘煮、錦糸卵、刻みのりをちらし、
お刺身を豪華にのせます。

今日は、「ちらし・ロワイヤル」よって。

名前だけ聞いたら、どんなモノがでてくるか、
ちょっと???だろな。
名前と現実のギャップが楽しい。

投稿: nana (kinotable) | 2006年2月10日 (金) 13時25分

ふぁらふぇるさん

パリにはほんと多いですよねー。
怪しげなれすとらん・じゃぽね。
ふぁらふぇるさんのスシ・トライアングルじゃないけど、
私もかなりスゴイ”れすとらん・じゃぽね通り”
知ってます。
オデオンからリュクサンブール公園へ抜ける
細い道、かなり笑える通りです。
オデオンから入っていくと、
『Japorama(だっけなあ)』から始まり
『Kyoto rama』だの『Tokyorama』
だの数件が点々と続き、次は何ラマだあ?とわくわくして進んでいくと、
最後にリュクサンブール公園そばで『Yokorama』。
いやー落としてくれます、れすとらん・じゃぽね。
そういうわけで、今度すしぐるめいきませうね♪

投稿: はなもげら | 2006年2月10日 (金) 17時31分

farafelさま

ちらし寿司。
いまだにうまく食べられないもののひとつです。豪華な海鮮丼もしかり。
一口に対するネタとご飯のバランス、複数のネタの組み合わせ方…。
別に何も考えずに食べればいいんでしょうが。

お寿司といえば、先日、知人のギャラリーで唐津焼を中心とした酒器の展示会が始まり、そのオープニングパーティーで、浜玉町の銀寿司のお寿司をいただきました。
寿司職人の出張に出くわしたのは初めて。
赤酢と塩でで仕上げたシャリが絶品でした。最近、酢を利かせたうまいシャリを食べさせる店が少ない気がします。大して食べ歩いているわけではないけど。
中里隆さんのお作で冷酒を呑みつつ、お寿司をつまむ。かなりのご褒美体験でしたよ。

投稿: coyote | 2006年2月11日 (土) 00時43分

いつも 食い入るように拝見してます。
寿司ロワイヤ~ル
日本の散らし寿司より 盛り付けが美しいですね。
日本でちらし寿司をあまり好んで食べなかった私ですが、実は今パリで暮らしてますので、この機会を利用して寿司グルメに行ってみます。

投稿: 食いしん坊 | 2006年2月12日 (日) 11時16分

はじめまして。m(_ _*)m
突然‘きちんとパリに行ってみたいなぁ〜’って思い立って、パリ在住の方のブログを探してました。farafelのブログもそれで見つけたんですが、美味しそうな写真が目に止まってすぐにブックマークです。(笑)

私はオーストラリアのブリスベンっていう街に住んでるんですが、日本食レストラン事情は同じような感じです。ちょっと違うのは日本食が外国料理のトップじゃないって事くらいかな。やっぱり中華系の人による日本食・お寿司が多いです。私達日本人にとってはかなりビミョーなお味です。

日本食の中で一番人気なのはスシロールです。寿司ロールって?って感じですけど、平たく言えば‘のり巻き’ですね。太さは太巻きと細巻きの中間くらい。多分手軽だって事とヘルシーだと思ってるのか、郊外のショッピングセンターのフードコートでもオージー達が並んでいます。生魚を食べられない人もいるので、メニューは外国人向きの物が多いです。揚げ物とか、照り焼きチキンとか・・・  1つ$1.80〜$2.20の間ですね。

GCへ行くと日本人経営のお店(レストラン・ラーメン屋・ケーキ屋etc)も多くなるんで、美味しい日本食が食べたい時はGCまで(1h)車を飛ばす事もあります。(笑)

投稿: りち | 2006年2月12日 (日) 20時05分

nanaさん、こんにちは。

そうですね。
豪華な感じがロワイヤールです。

日本にいた時は、そんなに豪華に思っていませんでしたが、パリではまぶしいくらいです。

ぜひ作ってブログで紹介してくださいね。

投稿: farafel | 2006年2月13日 (月) 08時11分

はなもげらさん、こんにちは。

れすとらん・じゃぽね通りですか。
怪情報をありがとうございます。

それにしてもramaって何でしょうね?
だれか、解明してほしい。
ラマの謎!って感じで。

投稿: farafel | 2006年2月13日 (月) 08時13分

coyoteさん、こんにちは。

ちらし寿司、確かに食べづらい。だからでしょうか、あまり食べる機会がありませんでしたね。

あいかわらず、おいしい仕事、してらっしゃるではないですか。うらやましい限り。
お寿司の職人の出張!
うーん。パリにも来てほしい。そして私も呼んでほしい。

投稿: farafel | 2006年2月13日 (月) 08時16分

食いしん坊さん、こんにちは。

フレンチ食べ尽くめの日々。
たまには和食で自分を癒しましょう。

でも行き始めると、頻繁に行き始めてしまう・・・。
ちなみに今晩も日曜日にあいている和食の店を探し出し、お刺身とヤキトリ、そして天婦羅まで食べてしまいました!

投稿: farafel | 2006年2月13日 (月) 08時18分

りちさん、こんにちは。
はじめまして。

オーストラリアからコメントをいただくのは初めてです。光栄です。これからもよろしくお願いいたします。

遠いですよね。たぶんパリから一番遠いんじゃないでしょうか? 20時間くらい?

がんばって体力つけて、お越しください。

でも和食を食べに1時間も車を飛ばせるりちさんなので、平気でしょうか?

投稿: farafel | 2006年2月13日 (月) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8590055

この記事へのトラックバック一覧です: ロワイヤールな、ちらし寿司。:

» ちらし寿司のレシピ。ママの斬新な盛り付け?? [夫婦生活と育児のコネタ画像大図鑑]
今日は雛祭りなのでちらし寿司・・・パパが帰ったときにはすでに・・・ [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 03時01分

« NYの「おいしい」。 | トップページ | Truc de Chef  -シェフのこつ- »