« 2月2日は、クレープの日。 | トップページ | オマール君、登場。 »

2006年2月 4日 (土)

Les Bouquinistes

  コルドンの研究熱心なクラスメートのおかげで、ようやく足を運ぶことができたレストラン。

 Les Bouquinistes(レ・ブキニスト)

boo3 ご存知、ギー・サボア(Guy Savoy)セカンド・レストラン。セーヌ川に沿った遊歩道にブキニスト(古本屋)がずらりと出店する、名所通りにある。

 クリスタルのような雪がちらつく寒いパリの金曜日。そのせいか、ブキニストのほとんどがお休みで、緑のカバーがかけられていた。その光景がまた物悲しく。せっかく写真を撮ろうと大回りして歩いてきたのに、残念だ・・・。

 レストランは、同じく緑のファサードとブラインドで、”それっぽい”外観なのだが、インテリアはやっぱり”Guy Savoy"。真っ白い空間に、コンテンポラリーな感じの装飾が施されている。天井にはカラフルなアクリル板みたいなファンが回っている。

 メニュを見ると楽しそう。観光地だからか、ギー・サボアだからか、英仏併記。日本語のメニューもあるそうだ。もちろんスタッフは皆、感じが良い。

 アラカルトで頼みたかったが、最近食べ尽くめで食欲がない。コルドンに通い始めると、どうしてもこうなってしまうのが悲しい。

 山椒風味のフォアグラのポワレ、ピレネー産の乳のみ子羊のロティとコンフィ、”忘れられた野菜”のトリュフ和え、半燻製(mi-fume)のスズキのロティ・・・食材といい、調理法といい、そして複数の調理法のものを一緒に供する手法といい、気になるものばかりだが、残念ながら食べきれない。結局、お得なランチにした。boo2

 アントレ2種、プラ2種、デセール2種からひとつずつ選び、ワイン1杯とコーヒーがついて28ユーロ。セカンドとは言え、三ッ星シェフの店。かなりリーズナブルなのでは。

 アントレにタイとサーモンのフルーツ風味のマリネを。

 プラに、牛肉ほほ肉の煮込み。ジャガイモや黒ダイコンなど野菜のソテーが添えられている。

boo4 デセールはカンキツ系フルーツサラダ。

 友人たちはシャンピニオンのスープ、カレイのポワレのフェジョアーダ添え、マドレーヌのチェリーソース添えを食べていた。

 どれもかなりのボリュームで、お腹がいっぱい。

 おいしさよりも”お得感”が際立つランチだった。

 パリ観光の途中のランチにいいかも、です。

 ○LES BOUQUINISTES
    53, Quai des Grands Augustins
    75006 Paris
    Tel:01 43 25 45 94
    Fax:01 43 25 23 07
    休:土曜昼と日曜日
  metro:Odeon/St.Michel
    http://www.lesbouquinistes.com/fr/bouquinistes/bouquinistes.html

|

« 2月2日は、クレープの日。 | トップページ | オマール君、登場。 »

コルドン・ブルー」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
LES BOUQUINISTES、とっても興味があったのですが、今まで行くチャンスがなくって・・・。
なるほどこんな感じか・・・と、とっても参考になりました。
グルマンの主人と一緒の時に行くことにします。

投稿: Madame K | 2006年2月 9日 (木) 19時35分

Madame Kさん、こんにちは。

私もフランスに来た当初から気になっていたのですが、なかなか機会がなく。

このたび、めでたく?行くことができました。

そうです、こんな感じです・・・。伝わっているかな?

ご主人様はグルマンなのですね。フランス語のグルマン(大食い)の意味でしょうか? それとも日本語のグルマンでしょうか?

ご夫婦でいろんなお店に行かれるのですか? 楽しいでしょうね。

投稿: farafel | 2006年2月 9日 (木) 21時43分

こんにちは。
主人はグルマン。
私の方がグルメ。
・・・ということになっております。

投稿: Madame K | 2006年2月12日 (日) 13時16分

こんにちは。
主人はグルマン。
私の方がグルメ。
・・・ということになっております。

投稿: Madame K | 2006年2月12日 (日) 13時18分

farafelさん、ご無沙汰しております。
Les Bouquinistes 行ってきました!
またまたTBさせていただきますのでよろしくお願いします。

投稿: NEPOJA | 2006年6月 7日 (水) 19時59分

NEPOJAさん、こんにちは。

ブキニストに行かれたのですね。

この季節だと、どんな雰囲気になっているのでしょう? テラス席とか、作っているのでしょうか?

TBありがとうございます。

投稿: farafel | 2006年6月 9日 (金) 07時18分

実は、アレ行ったの結構前なんですよ…
3月くらいだったかな?
というわけで今テラス席があるのかはちょっと存じません。
あまりテラス席があるような気はしませんけど、どうなんでしょうね。

投稿: NEPOJA | 2006年6月22日 (木) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8501111

この記事へのトラックバック一覧です: Les Bouquinistes:

» Les Bouquinistes ★ レ・ブキニスト [パリ発NEPOJA日記]
セーヌ川に浮かぶシテ島を渡って左岸に渡ると 河岸沿いに Guy SAVOY ギィ・サヴォワ のセカンドレストラン、 Les Bouquinistes レ・ブキニスト があります。 この辺りのセーヌ沿いは、ブキニストって呼ばれる 古本の屋台がいっぱいあるので、まんまのネーミング。 でもオンボロな感じの古本屋ブキニストとは全く違う モダンな店構え。ちょっとNY風? ★前菜★ 三ツ星レストランを持つシェフの店にしては とってもリーズナブルなラ... [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 19時53分

« 2月2日は、クレープの日。 | トップページ | オマール君、登場。 »