« 内臓料理に挑戦② | トップページ | ブランチに行きませんか? »

2006年2月25日 (土)

スペイン料理に”萌え”!? -Le Fogon-

 スペイン料理店、Le Fogon(ル・フォゴン)にコルドンの友人4人で出かけた。F1
 
 『料理王国』1月号「料理人が気になる店」特集で、アストランスパスカル・バルボー氏が推薦していたレストランなのだ。

 ご存知の通り、アストランスは2つ星で、3つ星より予約が取りにくいと言われる大人気のレストラン。バルボー氏が”足しげく通う”レストランなら期待できると思ったのだ。

 しかもエール・フランスの機内誌『AIR FRANCE MADAME』110号でも「パリ一番のスペインレストラン」として、味、店の雰囲気、どれをとってもパーフェクトと紹介されていた。期待は高まる。

f2

 昨年9月に引っ越したばかりという店は白と木目を基調にしたモダン、かつ温かい雰囲気。ほの暗い照明もいい感じ。リーデルの新シリーズのような、ステムのないワイングラスなど、グラスも趣味がいい。テーブルにはそれぞれ引き出し(!?)がついていて、そこにカトラリーが準備されている。小さな麻袋が配られ、驚くと、パンだった! 舞台装置だけでも、すでに気に入った。

 40ユーロのコースなら、テーブル全員同じものを頼まなければならないとのことで、パエリャが食べたかった友人には我慢してもらう。店のスペシャリテだったのに。この場を借りて、ごめんなさい。

f3 季節のタパス(Tapas au marche)がさっそく運ばれてくる。

  シンプルな角皿に盛られたタパスが目の前に並べられると、うれしくなり、激写大会、開始。タパスの一つが運ぶ途中で倒れると「これは撮っちゃだめだよー」とスタッフ。

 ひとつひとつが凝って作られているので、説明してくれる端から何だったのか忘れてしまうほどだ・・・。

f4 料理王国の記事によれば、シェフはエル・ブリフェラン・アドリアとも交流があるそうだ。なるほどとうなづけるプレゼンテーションの美しさ。

 タパスの後、牛肉のステーキ/アンチョビとオリーブの ペーストのせや、ヒメジのソテー、メカジキとアーティーチョークのプランチャ(スペイン風鉄板焼き)などが次々と出てくる。

 大きめの皿に盛られたのを自分で取る、”居酒屋”スタイルもパリでは珍しいのでは。

f6 イカ、貝、魚などをチョコチョコと摘んでいると、魚介が醸し出す”うまみ”だろうか、懐かしささえ感じる。モダンながら、ホッとする味わいだ。

 コルドンで作る”重め”のフレンチから解き放たれ、おいしいスペイン・ワインを片手に楽しく過ごし、食後酒付の3種のデザートもぺロリ。

 訪れた夜の年齢層は高め。「地球の歩き方」にも掲載されているからか、日本人も少なくないとか。

f7
 ○Le Fogon
    45,quai des Grands Augustins
    75006 Paris
    TEL:01 43 54 31 33
    metro:Odeon/St.Michel
    休:月

|

« 内臓料理に挑戦② | トップページ | ブランチに行きませんか? »

コルドン・ブルー」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!昨日家で頂いたブルビをメインにタパスをテーマに色々やりましたが、こんな洗練されたのはイメージには無かったです。
おいしそうですねーパエリアも期待できそうですね。

投稿: haruka | 2006年2月25日 (土) 23時49分

harukaさん、こんにちは。

どんなタパスを作りましたか?
ワタシも一応、タパスの本をスペインで買ってきたけど、面倒くさくてやったことがありません。

おいしいより、久しぶりの味わいがうれしかったレストランでした。

投稿: farafel | 2006年2月26日 (日) 17時55分

たいした物ではなかったんですけどね。可能ならスーピオンを食べたかった。。

投稿: haruka | 2006年2月26日 (日) 23時33分

スーピオン、いいですね。
なかなか売っていないのでは?

今度はタパスがテーマでしょうか?

投稿: farafel | 2006年3月 1日 (水) 13時14分

美味しそうですね!
こんにちわ、アンダルシアのtorres8です。
私もイカのリング揚げのことを書いたのですが。
他には、アンダルシアの生活写真を多数のせています。
お時間ある時にぜひおよりください。

投稿: アンダルシアのtorres8 | 2006年3月 2日 (木) 16時53分

アンダルシアのtorres8さん、こんにちは。

スペインのおいしい情報、楽しみにしています。

投稿: farafel | 2006年3月 3日 (金) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8831234

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン料理に”萌え”!? -Le Fogon-:

» パエーリャ@Le Fogon [食べ物中心。パリ生活。]
 1年ぶりに、スペイン料理の店、Le Fogon(ル・フォゴン)へ。 前回、食 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 08時06分

« 内臓料理に挑戦② | トップページ | ブランチに行きませんか? »