« おふらんす式、紙パック飲料の飲み方 | トップページ | こんなの便利です。 »

2006年1月14日 (土)

なんじゃこりゃ?な食材 ①セロリ・ラブ

 フランスには日本人に馴染みのない食材が当然ある。店頭で売られているのだが、どう調理すればいいのかわからない。見た目がそんなにおいしそうでないので、知らなければ絶対に買いそうにない、でも食べてみると「おいしい!」。そんな経験はフランスに限らずあるだろう。

celerirabe 今回は、セロリ・ラブ(celeri-rave)。フランスに来て初めての冬、仏人マダムにポトフを教わったときに知った食材だ。

 根セロリとも呼ばれるセロリの仲間で、地下部がボール状に肥大している。大きさは子どもの頭くらい。ずっしり重いが、一個1~2ユーロ程度。セロリ特有の風味がやはりある。

 包丁で半分に切るときは、カボチャのように力が要る。中は白く、スカスカになっている部分がある。

 皮を厚めに剥き、生のまま、おろし金の大きな穴の部分でおdanmenろす(raper/ラペ)。 ドレッシングであえれば、ニンジンのサラダと同じくらい一般的なお惣菜、Salade de Celeri-rave(根セロリのサラダ)の出来上がり。

 セロリ・ラブのピュレ(puree)もおいしい。

 先日、コルドンで習ったのはジャガイモ(お米でもいいそうだ)を加え、牛乳と水で煮る方法だ。バターとクリームを加え、ミキサーにかけると、私のはジャガイモが足りなかったのだろう、少し水っぽかった。
 シェフのアドバイス通り、湯せんにかけ、時々混ぜているうちに、焦げることなくちゃんともったりしたピュレになった。さすが!
 ふんわりとセロリの香りが漂って。この日は鹿のローストの付け合せにした。独特の味わいは、グリルした肉、魚にもぴったりだ。
 
 もちろん、煮込みにしても、スープの具にしてもおいしい。
 

|

« おふらんす式、紙パック飲料の飲み方 | トップページ | こんなの便利です。 »

なんじゃこりゃ?」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コルドン・ブルー」カテゴリの記事

コメント

farafelさまへ

セロリ・ラブ、
初めて見ました、聞きました。
次回、ヨーロッパに行ったら、絶対に食べます。

初めてイギリスに行ったときに、
ルバーブを食べて、感激しました。
あまりに感激するので、友達のお母さんが、
滞在中に何回もルバーブを煮てくれました。

セロリ・ラブ、セロリ・ラブ、セロリ・・・・
名前を覚えなければ。。。

投稿: nana (kinotable) | 2006年1月14日 (土) 19時20分

nanaさん、こんにちは。

ルバーブもなんじゃこりゃ?ですよね。
あの酸味。
思い出しただけでツバが出てきます。

でもルバーブのタルトやジャム、おいしいですよね。

セロリ・ラブ、一緒に買いに行きましょう!

投稿: farafel | 2006年1月14日 (土) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8151561

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃこりゃ?な食材 ①セロリ・ラブ:

« おふらんす式、紙パック飲料の飲み方 | トップページ | こんなの便利です。 »