« 注目の人 ―Akiko Ida― | トップページ | アーレ、アーレ、レスキャルゴ!(Allez, allez, l'escargot!) »

2006年1月19日 (木)

アルマーニ先生のお料理教室

  今日は珍しくコルドンが休み。ゆっくりすればいいものを、おけいこへ出かけた。しかも料理教室。パスカル・アルマーニ(Pascal Alemany)先生によるフランス料理だ。

 アルマーニ先生は、ご存知の方もいらっしゃると思うが、日本在住が長く、日本でもフランス料理教室を主宰なさっていらっしゃった方。著書に『卵の料理とお菓子-フレンチ・カントリー』(文化出版局・現在は絶版)がある。現在はパリ在住で、年に何度か日本でもお料理教室を開催されているそうだ。

ale1 アルマーニ先生は自宅のキッチンで、前菜、メイン、デザートをテキパキと日本語で説明しながら授業を進める。
 
 教わるお料理は、入手しやすい材料で簡単にできるものが中心。パイシート、赤い実のフルーツなど、フランスの有名な冷凍食品チェーン「PICARD(ピカー)」の商品もよく利用する。フランスの主婦は冷凍食品をよく使うから、ナウな(!)、”実勢”のフランス家庭料理とも言えるだろう。

 今日のメニュー。
 アントレ:Fondant D'aubergine Au Curry(とろけたナス、カレー風味)
 プラ:Crumble De Poulet(鶏肉のクランブル)
 デセール:Croustade De Pommes Au Calvados par Philippe Batton(リンゴのクルスタード、カルバドス風味/フィリップ・バトン氏のレシピ)

al2  ナスは先生がロブションのキッチンでスタージュした時に見て、参考にしたレシピ。デセールは日本で活躍するシェフ、バトン氏に教わったレシピだそうだ。

 家庭料理と言っても、低脂肪のクリームを使ったり、スパイスをきかせたり、グラン・シェフのレシピを取り入れたりと、オリジナル度は高い。しかも作るのが簡単なのだ。

al3 コルドンの料理もいいが、フランスの家庭料理も、私には大切。日本に住み、会席料理だけを習って、肉じゃがやおでんの作り方を知らずにいるようなものだ。

 なにより、食材ショップアドレスはもちろん、食にまつわるエピソードや、習慣といったフランスの”食文化”の話を聞くことができるのが、本当に楽しみなのだ。

○アルマーニ先生の料理教室 問い合わせ先
  
(日本語ならローマ字で)
  Pascaldekersenan@aol.com

 ○PICARD
  http://www.picard.fr/

 ちょっとつぶやき。

hon 10数年前。雪印乳業の広報誌『SNOW』(今もあるのだろうか。とてもいい雑誌だった)に掲載されていた「卵のココット、スモークサーモンとイクラのせ」に目が釘付け。アルマーニ先生によるものだった。それが出会い。

 著書『卵の~』には、卵をたくさん使って作るフランス風オムレツ、棒状に切ってバターをたっぷり塗ったトーストで食べる半熟卵「ウフ・アラ・コック」・・・など、レストランでは食べられない、未知のフランス家庭料理を紐解く大切な資料となった。

 月日は経ち、なぜかフランスに住んでいる私。先生のお料理教室に通えて、感激だ・・・。

|

« 注目の人 ―Akiko Ida― | トップページ | アーレ、アーレ、レスキャルゴ!(Allez, allez, l'escargot!) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理教室・学校」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

Dさん(一応、イニシャルトークで、、、)、こんにちは!!メールありがとうございました!!しかも『ラーメン 和田屋』の所に書き込みされてるのが、かなり笑えました(^^)!このラーメン、本当においしいんですよ〜!そちらはさすがにラーメン屋さんはないんですか?今、私はすっかり博多ラーメンの虜。お気に入りは長浜の『将軍』です!!Dさんのブログ、よく見させてもらってますよ!も〜、いつもおいしそうな写真ばかりで、羨ましい限りです!!しかし、いつもお忙しそうですね。。。あまり無理されないようにして下さいね!ご家族みなさん、お元気ですか?また会えるのを楽しみにしています!では、また!!!

投稿: 岩本陽子 | 2006年1月19日 (木) 11時26分

ふぁらふぇるさんこんにちは。
今日は生ぬるくてやーな天気ですのー。
ガーンと寒くてカーンと晴れてる、
そういう冬が私は好きです。
パリでそれを望むなってか・・・。
ところでアルマーニ先生の料理教室、
よさげですねえ。
パリでレストランに行くたびに首をひねるのですよ、
フランス人は毎日あげな重かもんを食べよるとかねー?
アルマーニ先生によるナウ(きゃー!)なお料理談義、続編も楽しみにしてます。
今度ご飯いきませう。

投稿: はなもげら | 2006年1月19日 (木) 18時36分

岩本さま、こんにちは。

あのラーメン、ちょっとすごすぎます。

チャーシューの感じとか。

そんなにラーメン、好きじゃないのになー。

投稿: farafel | 2006年1月20日 (金) 07時33分

はなもげらさん、こんにちは。

暖かいのでうれしい、私です。
いやですか?

最近コルドンのお料理がおいしくて、「家でも作りたい!」モードになりつつあります。

お正月のお礼もあります。
近く、ご案内させていただきます。

投稿: farafel | 2006年1月20日 (金) 07時35分

farafelさまへ

アルマーニ先生のお料理教室、いいですね。
私も行ってみたいです。
メールアドレス、しっかりと私のアドレス帳に登録しました。
でも、一回とか2回とかの受講は可能なのかしら?

コルドンのお料理本、家にもあるのですが、
材料が手に入らない、
そして、
手がかかりすぎ。
ってなことで、眺めるだけです。

え~、今アマゾンをチェックしたら、
アルマーニ先生の本、ありました。
また、買っちゃいました。
実は私、たまごがあまり好きではないのです。
ということで、たまご料理は苦手なのです。
しかし、オットはたまご好き。
アルマーニ先生の本で、オットにおいしいたまご料理、挑戦です!

投稿: nana | 2006年1月20日 (金) 11時22分

nanaさん、こんにちは。

卵がお嫌いなのですか。

こんな簡単に調理できる食材が苦手だなんて。
さすがカリスマ主婦。
手抜きなし、ですね。

投稿: farafel | 2006年1月21日 (土) 10時10分

farafelさん、はじめまして。Sayagataと申します。

昨年末から、仕事の関係でパリに住んでおり、せっかくだからフランスの家庭料理を習いたいなぁ…とネットサーフィン中にこちらを発見!とても楽しく拝読致しました。

アルマーニ先生のお教室も、とても魅力的ですね!実は、いてもたっても居られなくなり、先生につたないフランス語で教室の概要を伺うメールをしてみました。

まずは、farafelさんにお礼を、と思い初コメントさせていただいた次第です。

またお邪魔します!

投稿: sayagata | 2006年2月16日 (木) 08時09分

sayagataさん、こんにちは。
はじめまして。

アルマーニ先生のお教室にお問い合わせいただいたのですね。
先生もお喜びになられるでしょう。

sayagataさんのHPを拝見しました。すてきでびっくり。またのぞかせてくださいね。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: farafel | 2006年2月16日 (木) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8230429

この記事へのトラックバック一覧です: アルマーニ先生のお料理教室:

« 注目の人 ―Akiko Ida― | トップページ | アーレ、アーレ、レスキャルゴ!(Allez, allez, l'escargot!) »