« コルドン、再開。 | トップページ | パリみやげ ―スーパー編③― »

2006年1月 7日 (土)

ジョルジュ・マルソー

 しつこく、日本での”食べ物中心。”レポートを続けます。今回はフレンチを。

sara 友人が案内してくれたのは福岡市中央区大手門のGeorge Marceau(ジョルジュ・マルソー)

 「日本人の作る、美しいフレンチが食べたい」とリクエストしたところ、案内されたのがこのお店。

 インテリアは白と木目を基調としたモダンでシック。白いお皿が照明に照らされ、まばゆいほどだ。オープンキッチンなので、調理場のキビキビした雰囲気が伝わってくる。

gm1 パリのGuy Savoyで何を食べるか、さんざん迷ったメンバーが再結集。産地にこだわった素材をふんだんに使った料理はどれもおいしそう。シャンパーニュ片手にまたまた迷う。
 gm2

  アミューズはウコッケイの卵とパルミジャーノで作った塩味のクレーム・ブリュレ。「おもしろい!」と好評だった。

 結局(30分は経過)、前菜にいただいたのは、魚介のサラダ(産地は忘れましたが、貝とかアワビとか、カニとかいろいろ入っています)と、カキのグラタンにスープを添えたもの。カキの中にはウニが。いいでしょ?

 メインは、さんざん迷ったが、ジビエをおすすめされたので、仔イノシシのローストを。 
gm3 

 どの皿もパーフェクト。美しいし、美味しいし。材料にこだわっているだけに、すみずみに行き渡るような瑞々しさがある。

 特に仔イノシシは初めてロゼの焼き加減でいただいた。フランスで食べた”とことん煮込みました!”といった味わいとは対極にある。素材を殺さず、生かす調理法。これは日本人らしい。ソテーされたフルーツとのバランスも良く。

 「この繊細な感じ、食べたかったのだよ~」と感激。それでいて、小さくまとまっているわけでなく、一皿一皿はかなりダイナミックなのだ。

 ワインはFrederic MagnienChambolle-Musigny!gm4

 フロマージュの頃には満腹。デザートのメロンのスープがあまりにおいしくて、写真を撮るのを忘れてしまったほど。

 シェフの小西さんもとても感じの良い方で、大満足。

 日本人の作るフレンチのレベル、やっぱりすごいです、と再認識。

gm5 気がつくと外は大吹雪。慌てて帰路についたのだった。

○Georges Marceau
  〒810-0074
  福岡市中央区大手門1-1-27
  オーテモンウェルリバーテラス1F
  tel/fax 092.721.5857
  http://www.9syoku.com/gm/index.html

|

« コルドン、再開。 | トップページ | パリみやげ ―スーパー編③― »

ジビエ」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

farafelさまへ

HPに行ってみました。
ふむふむ、見たことがあるぞ~。
お気に入りに登録してあったはず・・・

「つく田」のリンクのレストランですね。

博多市内、それも、以前両親が住んでいた近く。
あの頃、両親の家に行ったときには、平和台近くに長男とお散歩に行っていました。

今はちょっと遠くなったけど、
今度実家に行ったときに、ぜひぜひ、行ってみます。

パリのみならず、博多のレストラン情報、
重宝しています。

これからも期待しています、ね!

投稿: nana | 2006年1月 8日 (日) 21時52分

nanaさん、こんにちは。

ご実家が平和台の近くだったのですか。

ぜひぜひ行ってみてください。

ご両親も懐かしくてお喜びになるのではないでしょうか。

投稿: farafel | 2006年1月 9日 (月) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8040465

この記事へのトラックバック一覧です: ジョルジュ・マルソー:

« コルドン、再開。 | トップページ | パリみやげ ―スーパー編③― »