« なんじゃこりゃ?な食材 ①セロリ・ラブ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・。-韓国料理- »

2006年1月14日 (土)

こんなの便利です。

 コルドン上級コースの2週目はあっという間に終わった。

 1日3コマ、そのうち実習が2コマの日があった。帰宅したのは22時。足がパンパンにむくみ、翌日も疲れがとれない。ぐったりしていると、「本当のキッチンはもっと大変だよ~」とシェフ。

 そうなのだ。卒業後、スタージュという研修をしている友人たちの生活はハードだ。1日15時間くらい働くのは珍しくない。「帰っても寝るだけ」という、やはりハードに働く友人は、なぜか靴下にしょっちゅう穴があくという。以前見たドキュメンタリーでは、レストランに泊り込み、仮眠をとるシェフたちの様子が映し出されていた。

 華やかなレストランの舞台裏。そこはまさしく”戦場”なのだ。20代後半の若いシェフが采配を振るう店が多いのも納得。創造的である前に、体力的にも精神的にも強くなければ。books

 「あと10年早く料理を勉強すれば良かったなー」と後悔して も仕方がないので翌日の予習・復習をする。

 食に関する語彙はさすがに増えたとはいえ、ルセット(レシピ)の中に登場するソースの名前や食材で「?」なものはたくさんある。普通のフランス語の辞書でもわかる場合もあるが、『フランス料理用語辞典』(白水社)ならソースや料理の由来やそのバリエーションの説明がある。

 そのフランス語版が”Mots de cuisine(料理用語)"。調理法・調理器具の部と食材の部の2部構成で、項目は少ないが、辞典に載っていないのでこちらで探すとある、というケースもある。簡単なルセットも収容されているし、イラストが素敵だ。

 それからピエール・ガニェールとのコラボで有名なエルヴェ・ティス博士の「フランス料理の「なぜ」に答える」(柴田書店)を読んで、授業で聴いたシェフの説明を補足してみる。化学用語ばかりで難しいけれど、拾い読みしているとなんとなくわかった気分になる(ホント?)。

 ガニェール、エル・ブリのフェラン・アドリアを中心とした化学的なアプローチの料理はまだまだ続きそう。

 これからのシェフは体力・気力・発想力に加え、化学的知識も求められる? こちらも「もっと勉強しておけば良かったなー」なのだが。

|

« なんじゃこりゃ?な食材 ①セロリ・ラブ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・。-韓国料理- »

コルドン・ブルー」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

farafelさまへ

コルドン、大変なところなんですね。
生半可な気持ちでは行けそうもありませんね。
最近、日本の料理本を書いている人で、
コルドンで修行、って書いている人多いけど、
みんな、こんなに大変な修行をがんばった人なんですね。

私は、食べるだけにしときます。

白水社からこんな本まで出ているとは。
やっぱ、4月からフランス語ならいにいこうかな~?

投稿: nana (kinotable) | 2006年1月14日 (土) 19時23分

nanaさん。

私も「食べるだけにしておけば良かった」組です。

基礎コースの時は「ちょっと間違えた? ワタクシ?」って感じでしたが、だんだんはまってしまい・・・。

上級はとても楽しく。デモだけの参加もできるのですよ。よくいろんな国からのゲストがいらっしゃっています。nanaさんもどうぞ!

投稿: farafel | 2006年1月14日 (土) 22時04分

farafelさん、こんにちは。
私は英語環境で習ってしまったので、フランス語単語で言われると困ることが多かったです。この本たちは役立ちそうですね、私も読んでみようかな、と思いました。良い情報をありがとうございます。
そういえばインターン時代は毎日が筋肉痛でした。そして帰り道は、夜中のドライブなのに興奮状態でいつもすごくハイだったような・・・。

投稿: Suzzy | 2006年1月15日 (日) 04時22分

Suzzyさん、こんにちは。

日本で働いていたころ、「もう辞めてやる、キー」っとなるたび、コルドンかCIAか、悩んでいました。
今CIAを体験したジャーナリストの本を読み返すと「コルドンでよかった~」とホッとしています。アメリカの料理学校、かなり厳しそうです。

インターンシップもハードなのですね。体力の差って絶対あると思う。肉食人種というか。
私はちょっと無理そうです。

投稿: farafel | 2006年1月15日 (日) 07時52分

スタージュは大変ですが、身になることも多いので、結構あっという間に終わりますよ。

 が、体力、これは・・・始めの頃は大変でした。

 足腰痛くって眠れない日々がはじめは続いたのです。

 すべて経験ですね。
私も後、10年とは言わなくても、5年早ければよかったなあ・・と思う最近です。

 料理界は大変ですが、頑張ってくださいね。

投稿: emi | 2006年1月18日 (水) 08時33分

emiさん、こんにちは。

おっしゃるとおり、なんでも経験ですよね。
やってみないと、何も言えない。
「大変かな?」と思いながらやってみて、やっぱり大変なのだけど、やらないより、絶対いい。

そんなことが頭ではよ~くわかっているのですが、だんだん飛びたつのが億劫になってくるのです、年を取ると。はい。

投稿: farafel | 2006年1月19日 (木) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8152655

この記事へのトラックバック一覧です: こんなの便利です。:

« なんじゃこりゃ?な食材 ①セロリ・ラブ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・。-韓国料理- »