« フレンチに飽きたら・・・。-韓国料理- | トップページ | それはあまりにお好みソース »

2006年1月16日 (月)

ガレット・デ・ロワな風景 ―LA MAISON DU CHOCOLAT―

    ガレット・デ・ロワ商戦がまだまだ続くパリ。今回はチョコレート入りを試してみた。

 チョコレートといえば、LA MAISON DU CHOCOLAmaison2Tジャン・ポール・エヴァンピエール・マルコリーニなどシックなショコラテリは多いが、フランス人の支持率が圧倒的に高いのはこの店ではないだろうか。

 他の店よりフランス人比率が高い気がするし、その名前を言うだけで、とろけそうになるフランス人もいる。フランス人に詰め合わせをプレゼントしたら、「そんなに?」とびっくりするくらい喜ばれた。王道なのだ。

 奇をてらわず、オーソドックス。でも高品質なチョコレートだから、保守的なフランス人に愛されているのだろうか。maison3

  実は先週、マドレーヌ店に買いに行ったのだが、夕方だったので売り切れ。午前中なら確実と言われ、今回はシャンゼリゼ店へ。

 店内は当然だが、カカオの香りがいっぱい。
 

 喫茶スペースでは、濃厚なchocolat chaud(ホット・チョコレート)を飲みながら、ひとり用のガレット・デ・ロワやチョコレートケーキをつつくフランス人で満席。この組み合わせ、いくらチョコレートが好きでも、見ているだけでお腹がいっぱいになる・・・。

 emporter(テイクアウト)のショコラ・ショーもある。寒い日の散歩のお供にいいかもしれない。

gal1 買ったのはリング型のチョコレート入り(La galette au chocolat)
 「説明書の通りに温めてお召し上がりくださいね」と念を押され、品物を受け取る。ここのスタッフはいつも親切だ。

 王冠は店のロゴをかたどったもの。

 180~200度に熱したオーブンの火を止めた中に5分。中のガナッシュがトロリとガレットを覆う程度に温めていただく。

 温めることで濃厚なチョコレートの風味が際立つ。超高級な”pain au chocolat"を食べている感じ、と言ったら叱られるだろうか。

g2

 ほうじ茶とともに。とてもチョコレートは飲めません。

○LA MAISON DU CHOCOLAT
 52, rue Francois 1er
  75008 Paris
  休:日曜
 metro:Franklin D.Roosevelt/George Ⅴ
 http://www.lamaisonduchocolat.com/

|

« フレンチに飽きたら・・・。-韓国料理- | トップページ | それはあまりにお好みソース »

chocolat」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

farafelさまへ

ホットチョコレートにチョコレートケーキ!
脳みそが爆発しそうな組み合わせ。

甘いものの苦手な私としては、
farafelさまがお買いになられたリング型のケーキ、
あれって、家族で全部食べちゃうのかしら?

我が家だったら残っちゃうだろうな・・・

投稿: nana (kinotable) | 2006年1月16日 (月) 16時59分

美味しそうです。
ホットチョコレートとの組み合わせは勘弁ですがねぇ。

投稿: leira-london | 2006年1月16日 (月) 22時16分

nanaさん、こんにちは。

脳みそは爆発しませんよ。
鼻血は出るかもしれませんが。

この日ショコラ・ショーを我慢したせいか、翌日、カフェのイマイチのショコラ・ショーを頼んでしまい大失敗。
おいしいとこのを飲んでおくべきでした!
ショコラ好きなもので、これくらいのことでうウジウジ・・・。

投稿: farafel | 2006年1月17日 (火) 06時04分

leira-londonさん、こんにちは。

おいしかったですよ。
リッチです。お腹いっぱいになります。

でもこの後、赤ワインを飲みながら、板チョコをなめてしまいました。
チョコレート好きなもので。

投稿: farafel | 2006年1月17日 (火) 06時06分

ガレットデロワ、フランスで生活するまでは気づきもしませんでしたが、日本でもありますね。

某有名パンや、ジョアンでも販売してました。

日本らしいな、と思ったのが、説明書入りで小さなビニール袋の中にフェーブが入っていたこと、、、、
ちなみに形は「ジョアン」マーク入りのコックさん人形でした。

投稿: あっこ | 2006年1月17日 (火) 23時26分

またまたおじゃまします。
日本では、もうほとんどガレット・デ・ロワを見かけなくなりました (泣)
そちらではまだ簡単に手に入るんですね…うらやましい!
チョコレートのガレット・デ・ロワ、すごく美味しそうですねぇ。
パン・オ・ショコラみたいな感じなのでしょうか?

ショコラ・ショーを飲みながらチョコレートのお菓子を食べる…
この目で見なくても、聞いただけで満腹です。
やっぱり、甘いものにはお茶ですよね!
では、また。

投稿: chibiaya | 2006年1月17日 (火) 23時55分

あっこさん、お久しぶりです。
Welcome back!

そうそう、日本って、そういう感じで売られているみたいですね。

PL法対策なのでしょうか?
なんだか、興ざめに映るのは私だけ?

投稿: farafel | 2006年1月18日 (水) 05時40分

chibiayaさん、こんにちは!

パリのガレットも今週末が山場とか。

急いで数をこなさねければ!
総力取材、続行中です。

続く!

投稿: farafel | 2006年1月18日 (水) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8184976

この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワな風景 ―LA MAISON DU CHOCOLAT― :

» ガレット・デ・ロワな風景 ―FAUCHON― [食べ物中心。パリ生活。]
 1月8日はEpiphanie(エピファニー/公現祭)の日。ガレット・デ・ロワ( [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 05時57分

» Galette des Rois ★ ガレット・デ・ロワ [パリ発NEPOJA日記]
Galette des Rois 大好き! クリスマス→大晦日→お正月と来て 次のフランスの年末年始行事が1月6日の公現祭(Epiphanie)。 東方の三博士(les Rois Mages)が星の光に導かれて 12月25日にベツレヘムで誕生した 幼子イエスに会いに行ったという日。 この日にはガレット・デ・ロワ(Galette des Rois) というパイ菓子を食べる習慣があるんだけど、 クリスマスと公現祭の間の12日間全てを キリスト降誕節とし... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 06時39分

» ピティヴィエのガレット [るり、フランスにいます☆]
1月2日以降の最初の日曜日。  フランスでは、jour des Rois(ジュール・ド・ロワ。 公現祭)。 キリスト教のなんたらかんたらの日。 (広辞苑:キリスト教で異邦人に対する救主の顕現を祝う祝日。) 今日は、公現祭を祝ってフランス中で、galette des Rois(ガレット・デ・ロワ。 平べったくて丸いパイ。 パイ生地の中はアーモンドのしっとりクリーム)を食べます。 いたるところのブランジェリー(パン屋さん)でガレットが売られる。  ガレットの中には、feve des R... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 07時34分

» ガレットの中のソラマメ [るり、フランスにいます☆]
今日やっと、ガレットを食べ終わりました。 Gallette noisettes(ガレット・ノワゼット)と、 Galette fourree amandes(ガレット・フレ・アマーンド)。 1月8日にも書いたけど、ガレットの中には、feve des Rois(フェーヴ・デ・ロワ、公現祭のソラマメまたは、陶器の小さな人形)が入っていて、切り分けられえた自分のガレットにfeve des Rois(ソラマメか、人形)を見つけると幸運に出会う(いい見つけ物をする)といわれています。  ... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 07時35分

» Galette des Rois (1) ★ ガレット・デ・ロワ [パリ発NEPOJA日記]
前回 Galette des Rois について 日記書いたらィロィロ食べたくなっちゃって 今週食べまくってました。(デヴ なぜか鍋とリンクさせて、 水曜は鴨鍋の後にJPHのチョコガレット、 土曜はちゃんこ鍋にFauchonの抹茶ガレット。 ♪ウハッ( ゚∀゚)o──┫))゚д゚;((┣──o(゚∀゚ )アハ♪ Jean-Paul Hevin ジャンポール・エヴァンのガレット・デ・ロワ。 有名ショコラチエだけあって、リッチなチョコ... [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 06時32分

« フレンチに飽きたら・・・。-韓国料理- | トップページ | それはあまりにお好みソース »