« パリみやげ ―スーパー編③― | トップページ | 寒い日はポトフ! »

2006年1月 9日 (月)

ガレット・デ・ロワな風景 ―FAUCHON―

 1月8日はEpiphanie(エピファニー/公現祭)の日ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)がおそらく一番売れた日なのだろう。

 出かけたマルシェのパン屋さんは王冠をかぶり、「ガレット・デ・ロワ、いかがですか?」などと珍しく呼び込みをしている。

 通りがかった街角のパン屋さんも店頭にガレット・デ・ロワのワゴンを設置。日曜日の家族が集まる昼食に食べるのだろう 。お札を握り締めた子どもたちがガレットを買いに走ってきた。

 そう、クリスマスが終わった今、お菓子屋さんやパン屋さんのウインドーを飾っているのが、このガレット・デ・ロワなのだ。

fauchonvit その中でもとりわけ目をひいたのがFAUCHONのウインドー。

 一昨年、店構え、商品、パッケージ、制服などを、ピンクと黒を基調にリニューアルして以来、おしゃれ度がぐんぐん加速している同店。このディスプレーも、思わず足を止める出来栄え。

 巨大なガレットには巨大な王冠を。絵画のようだ。

 ガレットの種類も当然、豊富で。なんと、抹茶とマンfau3ゴ風味のガレット(La galette au the Matcha et a la mangue)がある。
 これは狐野扶実子さんがエグゼクティブ・シェフになったから?と一瞬推測するが、抹茶をお菓子に使うのは、いまやフレンチの常識だった。
 ブリオッシュ生地、果物のコンフィを使ったBrioche Bordelaiseは素朴な感じ。

fau2  ”F”マークのガレットはプラリネ・ショコラ入り。グアナジャ(guanaja)産カカオ70%のチョコレートを使用。”お楽しみ”のフェーブが敷き詰められ、「ご一緒にどうぞ」と言わんばかりにシードルの瓶が並べられている。

 「そのFがついたのを!」。うれしそうに注文するおじさんがかわいらしかった。

 

 結局買ったのは一番ベーシックなフランジパン入り。fau5気になるフェーブは、グリーンのフォション・バッグだった。

○FAUCHON
 
24-26-30 place de la Madeleine,
  Paris 75008
 TEL:01 70 39 38 00
  metro:Madeleine
  http://www.fauchon.fr/

○狐野扶実子さん公式HP
  http://www.imagine-pr.co.jp/index.html

|

« パリみやげ ―スーパー編③― | トップページ | 寒い日はポトフ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

farafelさん、はじめまして。
食ブログいいですね。私はparisへは2年前に行ったのですが、食に関しては、あたりはずれ半々くらいで、でもそれなりに楽しめたのですが、あるcafeでのオニオンスープにはかなりへこみました。当たりは、フォアグラのパテ+りんごのグラッセ?(紅玉のような酸味と香りの強いりんご5ミリ角くらいの)。美味しかった~。

写真もきれいで、楽しみなブログが増えましたー。
これからcheckしていきますね!

投稿: yo-ko | 2006年1月 9日 (月) 20時34分

フォションデザインをニューリアルしたのですね。
知りませんでした。
フォションのパンが食べたい。
あ、あけましておめでとうございます。

投稿: leira-london | 2006年1月 9日 (月) 22時58分

yo-koさん、はじめまして。

オニオンスープ、私も思いっきりハズしたことがあります。
スプーンにチーズがドロンドロンにくっついて。
妙に塩辛くて。

平均点は日本のほうが高いですよね。

フォアグラ+りんごもいいですね。
ホテル・ムーリスでいただいたフォアグラ+サクランボもかなり高得点でしたよ!

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: farafel | 2006年1月10日 (火) 07時02分

leira-londonさん、あけましておめでとうございます。

ロンドンにはフォションないのですか?
日本にはあんなにあるというのに。

今年はぜひ遊びにいらしてください。
私もロンドンに行くつもりです。
暖かくなったら・・・。

投稿: farafel | 2006年1月10日 (火) 07時04分

ロンドンにはフォションのフォの字もないです。あるのは日本とニューヨークだけなんですよ。

パリにも行きたいですはい。

投稿: leira-london | 2006年1月10日 (火) 19時27分

メゾンカイザーに行ったらガレット・デ・ロワが売ってました。
誰も見向きしてないような感じ。
私自身もガレット・デ・ロワを知ったのは昨年初め。
高いです。。小さいのに735円。
フェーブ代でしょうか??

投稿: もも | 2006年1月11日 (水) 00時22分

ももさん、こんにちは。

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
カイザーのガレット、小さいとのことですが。
こちらでいうアンディヴィジュエルのことでしょうね。こちらでも5ユーロはしますから、良心的なのではないでしょうか。

カイザーのフェーブってどんなのでしょうね!

投稿: farafel | 2006年1月11日 (水) 07時09分

こんにちは、TBいっぱいありがとうございました!
Galette des Rois について書く時に参考にさせていただきました。
このFauchon の抹茶とマンゴのGalette des Roisは初耳です!
明日にでも買いに行ってみます。まだ売ってますよね〜?
貴重な情報ありがとうございました。

投稿: NEPOJA | 2006年1月17日 (火) 08時30分

NEPOJAさん、こんばんは。

トラックバック、ありがとうございました。

ガレット特集、まだまだ続けるつもりですので、お付き合いくださいませ(ちょっとアゴが上がり気味ですが)。

投稿: farafel | 2006年1月17日 (火) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/8072421

この記事へのトラックバック一覧です: ガレット・デ・ロワな風景 ―FAUCHON―:

» ガレット・デ・ロワ [思い立ったが仏検]
フランスのエピファニー前後に食べるお菓子と言えば ガレット・デ・ロワ(La Galette des Rois). 王様菓子と言ったところでしょうか? アーモンドクリームのパイが主流で、 1台の中に1個だけフェーヴという陶製の小さな人形が 入っています。 切り分けたお菓子にそのフェーヴが入っていたら、 あたり! その人は、王冠をかぶって王様(女王様)と なるわけです。 ガレット・デ・ロワを1台買うと、紙製の王冠がだいたい ついているみたいです。 我が家でもおととし一台、いただいきましたが、 私の... [続きを読む]

受信: 2006年1月11日 (水) 00時18分

» ガレット・デ・ロワ月間です! [食べ物中心。パリ生活。]
 1月6日のEpiphanie(エピファニー/公現祭)の日に食べるお菓子と言われ [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 13時31分

» ガレット・デ・ロワな風景 ―LA MAISON DU CHOCOLAT― [食べ物中心。パリ生活。]
ガレット・デ・ロワ商戦がまだまだ続くパリ。今回はチョコレート入りを試してみた。 [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 05時59分

» Galette des Rois ★ ガレット・デ・ロワ [パリ発NEPOJA日記]
Galette des Rois 大好き! クリスマス→大晦日→お正月と来て 次のフランスの年末年始行事が1月6日の公現祭(Epiphanie)。 東方の三博士(les Rois Mages)が星の光に導かれて 12月25日にベツレヘムで誕生した 幼子イエスに会いに行ったという日。 この日にはガレット・デ・ロワ(Galette des Rois) というパイ菓子を食べる習慣があるんだけど、 クリスマスと公現祭の間の12日間全てを キリスト降誕節とし... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 08時27分

» Galette des Rois (1) ★ ガレット・デ・ロワ [パリ発NEPOJA日記]
前回 Galette des Rois について 日記書いたらィロィロ食べたくなっちゃって 今週食べまくってました。(デヴ なぜか鍋とリンクさせて、 水曜は鴨鍋の後にJPHのチョコガレット、 土曜はちゃんこ鍋にFauchonの抹茶ガレット。 ♪ウハッ( ゚∀゚)o──┫))゚д゚;((┣──o(゚∀゚ )アハ♪ Jean-Paul Hevin ジャンポール・エヴァンのガレット・デ・ロワ。 有名ショコラチエだけあって、リッチなチョコ... [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 06時29分

« パリみやげ ―スーパー編③― | トップページ | 寒い日はポトフ! »