« フォアグラを仕込みましょう① | トップページ | 一時帰国します »

2005年12月16日 (金)

パリみやげ ―スーパー編②-

②BN(ベーエヌ)くん、いろいろ。

bnkun  フランスにお住まいの方なら、おなじみのBNシリーズ。子どものおやつ(gouter)には欠かせないビスケットのブランドだ。

 バリエーションも豊か。5センチ四方のものから、ポケットサイズに包装された小さなものまで。代表的なチョコ味に、イチゴ味、フランボワーズ味、シリアル入り、5つのフルーツ味などなど、味もいろいろだ。学校に持っていけるように、BN型になったケース、 “コレクターズボックス”もあり、つい買ってしまったり。

顔も笑顔がいろいろ。最初は「あんまりかわいくない。パッケージも垢抜けない」と思っていたが、最近は目が慣れたのか、かわいいと思うようになってきた。

私が好きなのは、Mini-BNの丸い笑顔。BNの顔を金魚鉢越しに見た金魚の顔が、思わず同じ笑顔になってしまうCMがあるのだが、とてもかわいいのだ。

 味なら朝食用のPetit Dej。シリアルたっぷりのビスケットにチョコがかかって、マクヴィティビスケットみたい。2枚くらいぺろっと食べてしまうので、危険ではある。 bn

 ビミョーなかわいさ。おみやげにおひとつ、いかがでしょう。

 ところで、BNとはなんの略?

 調べてみると、Biscuiterie Nantaiseという会社の頭文字だという。フランス北西部ナント近郊のVertouという町が発祥らしい。1897年に創業し、今に伝わる“国民的ビスケット”だが、経営不振のためPepsiなどに買収され、現在はUnited Biscuitsという英国の会社のブランドになっている(マクヴィティ・ブランドも持っている。やっぱり!)。

 この“笑顔”になったのは1989年と、実は意外と最近なのだ。BNについてはおもしろい記事(http://www.public-histoire.com/saga/bn.html)を見つけたので、また後日、レポートします。

|

« フォアグラを仕込みましょう① | トップページ | 一時帰国します »

おすすめサイト」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

farafelさまへ

なんと愛嬌のあるビスケットちゃんなのでしょうか。
マクビティビスケットに似た味、
食べてみたい!

お買い物リストと、レストランリストの
パリノートを作ろうっと。
今度パリに行ったときのために。

このビスケットは、きっとお土産に喜ばれそう。
パリクロネコから大量に送るかな?


投稿: nana (kinotable) | 2005年12月16日 (金) 11時29分

はじめまして。パリ大好きっこのAyaです。
これ見てびっくり!!
私もつい最近のブログでBNくんUPしてるんです。美味しいですよね。私はチョコのが好き。
しかも下のpetit dejuneのほうがもっと好き。
甘いけど病み付き…
素敵なブログ発見で嬉しいです。
これからも遊びにきますね。

投稿: Aya | 2005年12月16日 (金) 13時25分

Ayaさん、こんにちは。
はじめまして。

BNお好きですか。

同じ時期に同じことを考えているなんて、
BNくん幸せもの!

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: farafel | 2005年12月16日 (金) 16時24分

nanaさん、こんにちは。

いい考えですね。

私も日本で買うものリスト、ちょこっと作りましたが、いざとなると思いつかないんですよね。

そしてパリで「あれも買えばよかった!」なんて絶叫しています。

なので、リスト作成、ぜひぜひ。

投稿: farafel | 2005年12月16日 (金) 16時25分

BNのビスケットおいしいですよね。

英国が誇れるのはお菓子だけかも。(ビスケット、チョコレート)

投稿: leira-london | 2005年12月19日 (月) 22時05分

leira-londonさま

イギリスにもBNあるのですね!
パッケージは同じなのでしょうか。

英国が誇れるものは他にもいっぱいありますよ! 自慢してください。

投稿: farafel | 2005年12月31日 (土) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/7644382

この記事へのトラックバック一覧です: パリみやげ ―スーパー編②-:

« フォアグラを仕込みましょう① | トップページ | 一時帰国します »