« イタリアの地方菓子 | トップページ | カキに挑戦① »

2005年12月10日 (土)

冬のフロマージュ、Mont D’Or

 フランスに来て、そのおいしさに驚く食材のひとつがチーズ、フロマージュ(fromage)だろう。フロマージュにも大まかにだが、“旬”があるのを、ご存知だろうか。

私が愛用している本、Guide de l’amateur de FROMAGE(日本にも出店しているMarie-Anne Cantin著)によると、ブリー・ド・モー(Brie De Meaux)なら“春の終わりから秋の終わり”まで。ピラミッドのような形のヤギ(les chevres)のチーズ、ヴァロンセ(Valencay)なら春・夏・秋、という風に。

mont_dor 冬のフロマージュと言えば! Mont D’Or(モンドール)だ。今の季節、チーズ店の店頭にずらりと並んでいる。正確には9月15日頃から店に出始め、4月15日頃店頭から消えるのだとか。

このチーズ、本名(!)はVacherin du Haut-Doubs。”ヴァシュラン”と売られていることもある。オー・ドゥというスイスとの国境近くにモンドールという渓谷があり、その一帯で作られる。AOCを取得しているが、標高700メートル以上にある生産者であることなど、地域が細かく規定されている。

やわらかいチーズなので、L’epicea(トウヒ)というマツ科の木箱に入れられているが、この木の香りがチーズに移り、独特な味わいを作っているのだという。

フランスでは、チーズ店では必ず「いつ食べる?」とたずねられる。「今晩」、「明日の昼」などによって、店の人が食べごろのチーズを選んでくれる。このモンドールも「Ce soir(今晩)!」と答えると、いくつかの表面を押して選んでくれた。

一般的な食べ方は、箱に入れたまま、表面の皮をそっと取り除き、スプーンですくってパンやジャガイモにつけて食べる。オーブンで少し温めると納豆みたいな匂いが強まって・・・。美味! 

今晩は、レストランでスタージュをしている友人が、店の方法で。室温に戻したモンドールをオーブンで温めたところに、刻んだトリュフを入れる。が、あるわけないので、トリュフオイルを少し垂らした。アイスクリームをすくうように、大きなスプーンで。赤ワインがすすみます。

5年くらい前、広尾の明治屋で、やはり年末に売られていた記憶があるが、日本では現在どれくらい知られているのだろう?

|

« イタリアの地方菓子 | トップページ | カキに挑戦① »

チーズ」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

モンドール、好きです、大好きです。
パンもジャガイモもおうちにあるけど、モンドールがありません。トリュフオイルもあるけれど、モンドールがありません。夢に見そうです。

投稿: Suzzy | 2005年12月10日 (土) 12時45分

Suzzyさん、こんにちは。

モンドールって罪作り・・・。

たまに食べるととってもおいしい!

何事も”ほどほどに”が大切です。

投稿: farafel | 2005年12月10日 (土) 17時45分

モンドール大好きです。
毎日曜日に一週間分のチーズをまとめて買いますが、モンドールははずせません。

 この間私の家で、このモンドールをオーブンで焼き、スプーンですくって食べました。
 でも・・トリュフは・・・しなかったなあ・・

 という今もノンドールをモアザンのパンにはさみ食べています。
 冬はこのチーズがあるので寒いけど好きです。

投稿: emi | 2005年12月10日 (土) 20時45分

はじめまして。
早速お邪魔します。美味しそうな話題がズラリと並んでますね~。

モンドール、美味しかったけれど、ちょっとの量で結構お値段が良かったです。お店はとっても良心的な店なので、チーズ自体が結構するもんなのかなぁ、なんて思ってました。広尾はあんまり足が向かないので、横浜の明治屋さんに行ったら値段を見て来よう。

せっかくなので、こっちからもTBさせて頂きますね。パリの食事情、今後も継続して楽しみに読ませて頂きますので今後よろしくお願い致します。

投稿: yk2 | 2005年12月11日 (日) 01時15分

emiさん、こんにちは。

毎週チーズのまとめ買い・・・。

フランス人のようですね。

私のチーズブームはいま落ち着き、たまに近所のチーズ屋さんで。
フレディー・マーキュリーに似ていて、おもしろいお兄さんが、ご近所さんの間で話題なのです。

投稿: farafel | 2005年12月11日 (日) 17時56分

yk2さん、こんにちは。

このモンドール(直径15センチくらい?)、5ユーロちょっとでした。
いいでしょう?

日本ではきっと高いのでしょうね。
おみやげはモンドールにしよう!
うん、きまりです。

投稿: farafel | 2005年12月11日 (日) 17時58分

日本でもこの時期、チーズ愛好者には、モンドールは話題ですよ。でも、私がよく行く青山の紀伊国屋では、この2、3年、大腸菌の関係で、取り扱いに慎重になっているそうです。スイス側のものなら、大腸菌の心配はないのかな?

投稿: Rico | 2005年12月14日 (水) 11時54分

Ricoさん、こんにちは。
はじめまして。

大腸菌ですか・・・。

まったく考えたことがなかったです。

どなたか食あたりになったのでしょうか。

うーん、どうしましょう。

投稿: farafel | 2005年12月15日 (木) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/7548952

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のフロマージュ、Mont D’Or:

» Mont d'OrとGIGONDAS [Hearts and Numbers]
(11月26日土曜日)  この日、いつも通うお店でおもしろい風味のチーズを食べました。 フランスとスイスの国境のジュラ山脈に、モン・ドール(黄金の山の意)という標高1463mの山があって、その渓谷一帯で両国にまたがり作られてきたチーズ、ヴァシュラン / モン・ドール。丸い木枠に収められたウォッシュタイプの、牛のミルクから作られる柔らかいチーズ。これの表皮をはがして、流れそうにやわやわなところをスプーンですくって、茹でたポテトに乗せただけのとってもシンプルな一皿。ちょっと黒胡椒のアクセントを効か... [続きを読む]

受信: 2005年12月11日 (日) 01時41分

« イタリアの地方菓子 | トップページ | カキに挑戦① »