« パリのヤマザキパン | トップページ | 白トリュフをめぐる旅。② »

2005年11月 8日 (火)

白トリュフをめぐる旅。

 今までの人生で、最も印象深い食べ物は?と訊かれたならば、私の場合、それは間違いなく、白トリュフ(tartufo biancoだ。

 気取っているわけでも、美食家ぶっているわけでもない。白トリュフというものを知って以来、とりつかれたのだからしょうがない。

 少し思い出話です。

tartufo_photo 10数年前、北イタリアを旅行した。ヴェローナでたこ焼きのような巨大なニョッキの上にトリュフのスライスがのっかっているのを食べた。よくわからなかった。

 帰りの電車のコンパートメントのなか、ニンニクのような独特の匂いがこもっている。「このおじさんかなー」と思ったが、電車を降りて気づいた。匂いのもとはトリュフを食べた自分だった。

 なんだ、このトリュフっていうのは! こうなると、トリュフをもう一度ちゃんと食べて、確かめたい。滞在先のミラノのビッフィ・スカラというレストラン(今もあるのだろうか)では最高級と言われる、「白トリュフ」が食べられるというので、夕食に出かけた。

 ほかに何を食べたか、さっぱり思い出せない。私の目の前には、焦がしバターをからめただけのシンプルなパスタが置かれている。その上に、給仕の男性が白トリュフをスライサーで薄く、薄くスライスしていく。はらはらとトリュフがパスタの上に舞い降りる・・・。

                                                       

パスタの湯気とともに立ちのぼる香りを、なんと表現すればいいのだろう・・・。甘いような、ニンニクのような、香ばしいような。とにかく日本にはない種類の香りだ。その強烈な香りに引き寄せられ、周りの客が一斉に私たちのテーブルに注目する。「ストップとおっしゃってくださいね」とにっこり笑いながら、給仕は白トリュフをスライスしつづけて・・・。

 それ以来、私はトリュフのとりこになった。時代は変わり、日本でも白トリュフが手に入るようになった。赤ちゃんの頭ほどの巨大な白トリュフを日本人が競り落とした景気のいい話題もあった。余程「白トリュフ!」と言っていたのだろう、イタリアを旅行した友人はトリュフオイルを買ってきてくれた。パリに来て、去年のクリスマスは思い切って白トリュフを買ってみた。おいしさより、恋焦がれた食材に直に触れられたことがうれしかった。 avion

どんなにおいしいものを食べても、あの体験を超えることはいまだにない。そんな私は遅ればせながら、イタリアのアルバの白トリュフ祭りに出かけた。

            

 ○写真上は、アルバで買ってきた白トリュフと黒トリュフ。持ち帰るなら、タッパウエア必携!なくらい匂います。要注意です。写真右は、またまたアルプス越えちゃった瞬間です。ウェーイ!

|

« パリのヤマザキパン | トップページ | 白トリュフをめぐる旅。② »

イタリアン」カテゴリの記事

トリュフ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うぅー、写真を見ているだけで香りが立ち込めてきそうな感じがします。羨ましいです!!
そういえば、黒はレストランでも良く使ってたんですけど、白トリュフの現物って見たことも食べたこともないかもしれません。あぁ~、いいなぁ~。

投稿: Suzzy | 2005年11月 8日 (火) 09時17分

farafelさまへ

くしゃみをしたら、飛んでいくのではないかというぐらい、けちな量のトリュフしか食べたことありません。
においなんて、したかしら?
というよりも、あれはほんとにトリュフだったのかしらん???

だから、においが立ち込めるとか、何とかいわれても、想像もつきません。

絶対、ぜったあい、じぇーったい、
いつかは、トリュフを食べたあ~い!

投稿: kinotable | 2005年11月 8日 (火) 10時04分

kinotableさん、こんにちは。

絶対白トリュフ食べてくださいね。

来年の課題になさったらいかがでしょう。

アルバにお越しの際は、ぜひパリにもお立ち寄りくださいね。

投稿: farafel | 2005年11月 8日 (火) 21時20分

suzzyさん、こんにちは。

レストランで作ってらっしゃった黒トリュフのレシピってどんな感じですか?
興味あります。

私はコルドンで黒トリュフのソースをちょっと焦がして失敗か?とあせったことがあります。

でもなぜか、シェフから「一番おいしいソース」と一番をもらったことが。よくわかりません・・・。

投稿: farafel | 2005年11月 8日 (火) 21時31分

黒トリュフ、簡単で美味しいのはやっぱりサラダでした。アルギュラと一緒にとか、そんな感じで。あっ、あとビーツ(加熱調理後の)をカルパッチョのように薄くスライスして、そこに黒トリュフやトリュフオイルをかけるってのも、割と簡単で目にも鮮やかで印象的でしたねぇ。もちろん、美味しかったです。

投稿: Suzzy | 2005年11月 9日 (水) 16時38分

suzzy さま

サラダですね。
でもビーツとは思いつきませんでした。

アメリカだと、かける量もすごそう・・・。

食べてみたいです。

投稿: farafel | 2005年11月 9日 (水) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/6963144

この記事へのトラックバック一覧です: 白トリュフをめぐる旅。:

« パリのヤマザキパン | トップページ | 白トリュフをめぐる旅。② »