« 白トリュフをめぐる旅。⑤ | トップページ | セーヌのほとりでたこ焼きナイト »

2005年11月15日 (火)

白トリュフをめぐる旅。完結編

 というわけで、パリsalamiに戻って、白トリュフ祭り

inパリ。

まず、名物(なのかな?)、生サラミでスタート。粒コショウがピリリでいい感じ。ワインは、なんと、フランスの白! wineでもとてもパワフルなDidier DagueneauBuisson Renard。白トリュフに負けません。  

続いて作ったのは、白トリュフのリゾットトリュフ入りタヤリンの白トリュフとパルミジャーノ添え。

 

そして、アントレコットの黒トリュフ添え。

せっかく買ったトリュフ・スライサーをうっかり手荷物に入れたままにして、空港であえなく没収。仕方がないので、世界中のシェフのあこがれ(!)“ベンリナー”でスライスした。最初はコツがわからず、コインのように厚くなってしまったが、だんだん薄くスライスするのに成功。さすがベンリナー。

risotto

pasta

トリュフオイルで香りアップする手もありだが、くれぐれも使いすぎに注意を。

steak

いやー、堪能しました、白トリュフ。一生分食べた感じが。カラダ中、トリュフの香り。

うっとりしていた香りも、嗅ぎすぎたのか、だんだん眉間の辺りに頭痛を感じるようになってきた。

10代の頃、お店でいろいろな種類の入浴剤のビンに鼻を近づけて嗅いでいるうちに気分が悪くなったのと似ているような・・・。おいしいものは時々、少しずつ、いただくものなのだ・・・。

 

〆は、ヘーゼルナッツのタルトTorta di nocciole、チョコレートソースをかけて。これも名物。

ごちそうさまでしたー。

gateau

|

« 白トリュフをめぐる旅。⑤ | トップページ | セーヌのほとりでたこ焼きナイト »

イタリアン」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トリュフ」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

farafelさま

あのう、品のない表現で申し訳ないのですが、
「よだれがたれそうな」、そのような完結編ですね。

生サラミ、黒胡椒の効いた・・・
きりりと冷えた白ワインとともに。
はぁ~、いいですね。

それから、匂いに溺れんばかりのトリュフ。
(食べたことないので、ちょっと実感できないのですが、きっと、「美味い、旨い、うまい」に違いないはず。)

ところで、
「ベンリナー」って、何ですか?
道具ですか?

ところで、

投稿: kinotable | 2005年11月15日 (火) 10時58分

こんにちは。
ベンリナー、本当に便利ですよね!
そうそう、トリュフはベンリナーでスライスしてましたよ、思い出しました。スーパーベンリナーってのもありますよね・・・(笑)

投稿: Suzzy | 2005年11月15日 (火) 11時26分

こんにちは。みんなのプロフィールから来ました。
美味しそう。
私もしてみたい、トリュフ三昧。

投稿: leira-london | 2005年11月15日 (火) 21時42分

kinotableさん、こんにちは。

ベンリナー、ご存知ない?

いやいや、ご存知ですよ。
絶対に。

投稿: farafel | 2005年11月16日 (水) 05時43分

Suzzyさん、こんにちは。

スーパー・ベンリナーですか!
それはいろいろな刃に付け替えられるとか、そういうのですかね?

ワタシのは本物のベンリナーではなく、薄切りができるスライサー。でも刃はセラミックです。

今度帰国したら、ぜひマーフィーのを買いたい・・・。

投稿: farafel | 2005年11月16日 (水) 05時46分

leira-londonさん、はじめまして。

コメントをいただき、ありがとうございます。

トリュフ三昧、ぜひ一度体験してください。

これからも遊びにきてください。

投稿: farafel | 2005年11月16日 (水) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/7119845

この記事へのトラックバック一覧です: 白トリュフをめぐる旅。完結編:

» ニューベンリナー [Keikoのつれづれ]
Keikoが使ってる便利なもの・・・その名も『ニューベンリナー』・・・ベンリナーとしてHPもある・・・すごい 兎に角、便利なんです・・・結婚してから、その前も使ってたベンリナー ほんとにすぐれもん、コレがないと・・・Keikoはやっていけない・・・包丁とまな板と料...... [続きを読む]

受信: 2006年3月17日 (金) 20時15分

« 白トリュフをめぐる旅。⑤ | トップページ | セーヌのほとりでたこ焼きナイト »