« ソバチョコ・ア・Paris | トップページ | プッチン・プリンプリン物語 »

2005年11月12日 (土)

白トリュフをめぐる旅。④

白トリュフ祭りの間、アルバのホテルは満室だ。結局、アルバから10数キロ離れた聞いたこともない町のホテルを転々とした。イタリアの地方は、道路にホテルやレストランの黄色いサインが出ているので、それを辿っていくとたどり着くから、地図がなくてもなんとなく着いてしまう。便利だ。 uma

 最初に泊まったAgriHotel Sulpianoはイタリア名物“アグリツーリズモ”の民宿だった。Montaという町にある。農家を改築した家族経営。レセプションなんてなく、レストランで給仕をしているお兄さんが宿帳を引っ張りだしてきた。

 でも全然、悪くない。清潔な広い部屋、庭で遊ぶ動物たち、トリュフづくしの夕食。ホテルの人も親切だった。

 レストランは地元の人、スイスやドイツからの観光客で大賑わい。その場で店の白トリュフを量ってもらい、料理してもらっている人もいた。そんな手もあるのか!

  夕食は「おまかせ」で、どんどん運ばれてくる。最初は生サラミ。次に仔牛のタルタル、t2トリュフとパルミジャーノ添え。あっさりしたおいしさにびっくり。日本ならマグロのタルタルでもいいかも。この地方の名物なのか、滞在中、何回か食べた。

まだまだ続く。パイ、リゾット、パスタ“タヤリン”、ピーマンのバニャカウダソース、仔牛のマヨネーズソース・・・。仕上げにナシのコンポートみたいなのを食べてエスプレッソを飲んでいると、食後酒を振舞われた。

毎度のことながら、満腹。すぐ部屋に戻れるのがなにより、楽。

AgriHotel Sulpiano

C.so A.De Gasuperi,n.64-12046 Monta

Tel:(+39)0173.976.623 Fax:(+39)0173.974.917

http://www.agrihotelsulpiano.it/indexPage.asp?IDPagina=6

|

« ソバチョコ・ア・Paris | トップページ | プッチン・プリンプリン物語 »

イタリアン」カテゴリの記事

トリュフ」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/7064963

この記事へのトラックバック一覧です: 白トリュフをめぐる旅。④:

« ソバチョコ・ア・Paris | トップページ | プッチン・プリンプリン物語 »